中国メディア・今日頭条は13日、中国人は日本に対して複雑な感情を抱きつつも、歴史的な問題に端を発する感情的な衝動からやみくもに反日を唱えたり、日本製品の購入や使用を拒んだりすることは決して賢明な行動ではないと主張する文章を掲載した。

 文章はまず「私は何度か日本に行ったことがある。日本人の物事に取り組む態度が好きだ。一方中国には、かつて侵略されたことから日本に抵抗心や恨みを抱く人が多くいる。中には『死んでも好きにならない』という人もいる。そんな彼らに「日本に行ったことがあるか」と聞くと、ないと言う。悪事をたくさん働いたのだから日本を恨むのは当然と言うのだ。そこで『恨む前にまずは日本に行ってみるべきではないか』と日本に行かせてみると、日本から帰って来た彼らは『今までの考え方は偏り過ぎていた。日本人は確かに想像と違ってみんな礼儀正しかった』というのである」とした。

 そのうえで「私は日本人を持ち上げるつもりはないのだが、日本に対しては深く感じ入るところが確かにある」とし、何度かの日本滞在を通じて感じたことを紹介。自身が体験したエピソードの中から、時間に正確である、送迎のドライバーは決してチップを受け取ることなく、忠実に職務に徹する、ショップの店員は例え冷やかしで入った客に対しても丁寧に接する、タクシードライバーは大きな荷物を車に載せるのを当然のように手伝ってくれる、相手を見送る時には見えなくなるまでお辞儀をするといった点を取り上げた。

 文章は「われわれは、器量の狭い民族感情から日本製品をボイコットしてはならない。一方でもちろん、中国が日本製品をボイコットする力を持てるようになると信じている。それは、われわれが日本製品より安くて質の高い品を作れるようになることだ。いつか、日本人が日本市場において中国製品をボイコットするような日が来ることを望んでいる」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)