中国では長年にわたって続けられてきた一人っ子政策が廃止され、各夫婦は2人目の子どもを産むことができるようになった。子どもの数が増えれば、粉ミルクや紙おむつといった乳幼児向け製品の需要が拡大していくことが予想される。

 中国メディアのPCbabyは10日、中国では一人っ子政策の廃止に伴い、出産数が伸びており、紙おむつ市場も拡大していることを伝え、日本の紙おむつメーカーにとっても大きな商機と・・・・

続きを読む