日本人と中国人の性格や考え方は大きく異なる。たとえば自己主張をしたがらない傾向の強い日本人に対し、中国人は何でもはっきりと意見を言う傾向が強い。違っているがゆえに、中国人から見ると日本人独特の習慣のなかには奇妙に映ることも多いようだ。中国メディアの今日頭条は7日、中国人の目に奇妙に映る日本人独特の習慣を紹介する記事を掲載した。

 まず1つ目に挙げたのは「日本人は話しが遠回しで、表現が曖昧」なことだ。たとえば日本人を何かに誘った時、「相手が『ちょっと』と言うならば、それは考えているのではなく、用事があるか、もしくは行きたくないということだ」と紹介した。こうした表現の仕方は「まるで隠語のようで逆に面白くもある」とした。

 次に「礼儀やサービスが非常に細かい」ということを挙げた。日本を訪れた中国人はしばしば「神様になったかのような上質のサービスを受けた」と感想を述べるが、日本人は客に対して「どんな時にどのように微笑むか、お辞儀の角度はどれ位かまで研究している」と驚きを示した。客を神様扱いする日本のサービスと対象的に、中国では「客を財布として見ている」ところがあるとした。

 また「他人に迷惑をかけない」という考え方も日本独特であり、日本人は身内同士でも基本的に自分のことは自分ですると説明。中国人は親しい間柄ほど相手に迷惑をかけても問題ないと考える傾向がある。自分が親しい相手に迷惑をかけても問題なく、逆に相手から迷惑をかけられても「親しい間柄なら問題ない」と考える。また、これは礼儀でも言えることであり、「親しき仲にも礼儀あり」と考える日本人に対し、中国人は「親しき仲にこそ礼儀は不要」と考える傾向が強い。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)