「世界の工場」と呼ばれるだけあって、中国国内には非常に多くの工場が存在するが、日本の産業機械を導入している工場も少なからず存在する。中国メディアの合肥日報は5日、日本メーカーの機械を導入しているという中国企業の関係者の話として、日本人の仕事に対する考え方を紹介する記事を掲載した。

 記事が紹介しているのは、日本の技術者が得意先の工場に機械のメンテナンスに訪れた際の出来事だ。中国の工場に導入されていた機械は日本から輸入したもので、定期的に日本人技術者がメンテナンスを行っていたが、中国の工場側はメンテナンス方法を学びたいと考えていたという。

 だが、日本人技術者はあらゆる箇所を検査するため、中国の技術者には機械のどこに問題が生じていたのか分からず、さらに機械の重要な部品のメンテナンスを行う際には、中国人技術者に用事を頼み、その間にメンテナンスを終わらせてしまうと紹介。「メンテナンス方法を学びたい」という中国の工場側の望みはいつもこうして叶わずにいたと伝えた。

 さらに、日本人技術者はいつも図面を広げてメンテナンスを行っていたため、てっきり「新人技術者」であると思っていたが、後になって「日本側が海外に派遣する技術者は新人ではなく、熟練者」であったことを知ったと紹介。わざわざ図面を広げていたのは、技術者が機械に不案内だったからではなく、そうするよう決められていたためであり、一切の手抜きをしていない証であったと報じた。

 また記事は、メンテナンスの最中に小さなレンチの行方が分からなくなったことがあったと紹介。すでに終業時間に近づいていたのか、時間もなかったため、中国の技術者は「レンチなんて、たいした金額でもないから、探さなくても良いじゃないか」と述べたものの、日本人技術者はその言葉に同意せず、丸3時間もかけてようやくレンチを探し出したと紹介。

 中国の技術者が日本人技術者の行動の真意が分からずにいると、日本人技術者は「もしレンチが機械のなかに残っていて、そのまま機械を動かせば高額な機械がゴミに変わる可能性があった」、「このリスクに比べれば、時間をかけてレンチを探すことなど何でもない」と説明したと伝え、中国の技術者はようやく日本人技術者の真意を理解したと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)