国中に路線が張り巡らされ、営業距離で世界一となっている中国高速鉄道。そのニュースは、日本でもたびたび報道されている。最近では、北京と上海を結ぶ京滬(けいこ)高速鉄道に新型車両「復興号」が投入され、営業運転としては世界最速となる時速350kmに引き上げられたことが注目を集めた。

 中国人の多くは高速鉄道を誇りに感じているようだが、日本国内では中国高速鉄道は「新幹線のパクリ」という論調が存在・・・・

続きを読む