中国メディア・今日頭条は3日、土地が狭く資源が少ない日本が世界に冠たる自動車大国に成長し得た背景について紹介する記事を掲載した。

 記事は「日本車の歴史はドイツ系には及ばないものの、トヨタは80年、ホンダは70年と、それぞれ独特の発展史を持っている。ドイツ系と異なり、日本メーカーはブランドや製品の息が長いのが特徴的で、その多くが何世代にもわたって愛されていると」伝えた。
続きを読む