日本では幼稚園や保育所、さらには小中高校と昇降口で上履きに履き替えるのは当たり前の習慣となっている。これは靴を履き替える習慣のない中国人からすると不可思議に映るようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「学校に入るときに靴を脱ぐという日本の習慣の真相」を考察する記事を掲載した。

 記事は、日本の学校では昇降口に入るとすぐに見えるのは下駄箱であり、専用の上履きに履き替えなくてはいけないと説明し、その理由として「日本の学校には清掃員がいないため、校内を綺麗に保つために土足では中に入らない」と説明した。

 なぜこうした説明が必要かと言えば、中国では靴を履き替える習慣がな・・・・

続きを読む