日本では信号を守ることは当然のことだ。中国でも法律上は信号を守らなくてはならないが、車が来ていなければ赤信号でも道路を横断してしまう人が多いのが現状だ。それゆえに多くの中国人は来日した際、日本人が信号をしっかり守っている光景に驚くという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人はまるで信号に完全に制御されているかのようだ」と論じる記事を掲載し、その理由について紹介している。

 記事はまず、日本で生活した経験のある中国人であれば交通規則を守らなかったことで恥ずかしい思いをしたことがあるはずだと主張し、交通規則を守るという意識が日本人と中国人では大きく違っていることを紹介した。中国では信号無視は日常茶飯事だが、日本では深夜の時間帯で車がまったく走っていない時でさえ、信号無視をする人は少ないとし、交通規則を守ることが日本の社会道徳の基礎になっていると強調した。

 続けて、日本人が信号を守れる理由は「子どものときからの教育が関係している」と主張。日本では幼稚園の頃から一般的な教育に加えて、環境保護や動物愛護、さらには安全教育などにおける「ルール遵守の精神」が教え込まれているとし、保護者も自分が模範になることによって交通規則を守ることの大切さを子どもに教えていると紹介した。

 そして、日本で生活した経験のある中国人の経験として、自分と配偶者、そして子どもと一緒に自転車でスーパーに買い物に出掛けたときの出来事を紹介している。赤信号で停車した際に、子どもが車線にはみ出して自転車を停車していることを周囲の日本人に注意され、驚いたという経験を紹介し、子どもが幼いときから安全についての教育を施すことは子ども自身の安全を確保するうえで非常に大切なことだと強調した。

 中国では自動車は右側通行だが、信号に関係なく右折することができるゆえに、歩行者や自転車は信号が青でも注意して道路を横断しなくてはいけない。また、乱暴な運転の車も少なくないため、信号を無視して走ってくる自動車がいる可能性もあり、道路横断時に気を抜くことはできない。記事は「中国人が信号をきちんと守るようになれば、国際社会から笑い者にされることはなくなるのに」と主張している。13億もの人の意識を変えるのは非常に大変なことだと想定されるが、ぜひがんばってもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)