日本では各都道府県の公安委員会から猟銃の所持許可を得れば、散弾銃やライフル銃の所持が可能だ。だが、これらの銃を使用した犯罪はほとんど起きていないのが現状であり、それ以外の銃を使用した犯罪もまず起きないと言える。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は許可制かつ種類の制限はあるとはいえ、銃の個人所有が認められている国なのに、「なぜ銃を使用した凶悪犯罪が起きないのか」と疑問を投げかける記・・・・

続きを読む