中国と日本の住宅事情は大きく異なっている。中国では団地や高層マンションが立ち並び、多くの人々がそこで暮らしている。中国農村部では戸建ての家は一般的に見られるが、都市部では戸建て住宅は日本以上に少ない。

 中国人からすれば、国土が大きい中国ではマンションや団地で暮らす人が多いのに対し、国土が相対的に小さい日本では戸建て住宅が中国より多く見られることが不思議でたまらないようだ。

 中国メディアの網易は10月30日、「日本の国土は非常に小さいのに、なぜ日本人で戸建て住宅に住むことができるのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日本の住宅事情について紹介している。 続きを読む