ソニーは1日、犬型ロボット「AIBO(アイボ)」を2018年1月11日から発売すると発表した。AIBO復活のニュースは中国でも報じられ、大きな注目を集めている。中国メディアの今日頭条は1日、1999年に発売され、すぐに多くの人の心を掴んだAIBOが人工知能(AI)を搭載して戻ってくると報じている。

 記事は、初代のAIBOが発売された当時は「現在のようにAIという言葉が取りざたされることのない時代だった」と伝える一方、それでもAIBOは発売されてすぐに多くの消費者の心を掴んだと指摘。当時の価格は定価が25万円と決して安くはない金額だったが、それでも15万台も売れたと紹介。

 また、初代AIBOの修理サポートが終了した時にはちょっとした騒ぎになったことを紹介しつつ、AIBOのような電子機器が10年以上も愛され続け、動き続けたことは「奇跡と呼ぶにふさわしく、ちょっとした騒ぎが起きたという事実はAIBOがいかに愛されていたかを示す事例」であるとした。

 さらに、新しいAIBOにはAIのほかにも様々な最新技術が搭載されており、AIスピーカーのように家庭の中心的なプラットフォームになる可能性があると指摘。また、サードパーティによるソフト開発も可能となれば、AIBOが提供するサービスの幅は大きく広がることになると伝えている。

 新型のAIBOはソニーのインターネット直販サイト「ソニーストア」にて2018年1月11日より限定販売される。価格は税抜き19万8000円だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(c)ソニー株式会社 プレスリリースより)