中国製品はこれまで質を犠牲にしつつも、低価格を武器に世界で市場を獲得してきたが、人件費の上昇などを背景に価格競争力は低下しており、その代わりに品質を向上させる必要性に迫られている。中国政府は2025年までに製造強国を目指すためのロードマップを発表し、その一環として品質向上も打ち出しているが、歩むべき道のりはまだまだ遠いと言えるだろう。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む