SHOWROOM株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:前田裕二)が運営する仮想ライブ空間「SHOWROOM」において、AKB48渡辺麻友卒業コンサートSHOWROOM裏生配信を行った。

 SHOWROOMとは、仮想ライブ空間の中で無料で誰でもライブ配信&視聴ができるライブ配信プラットフォーム。地上波テレビの出演やファッション誌でのモデルデビューなど、常時様々なイベントが開催されており、夢を叶えたい人とそれを応援したい人が集まっている。

 今回の生配信は、番組MCにトップリード、サブMCにAKB48チーム8の大西桃香と太田奈緒を迎え、途中涙ぐみながらも裏生配信を盛り上げた。

 渡辺麻友の卒業企画は、裏生配信に遊びにきたコンサート出演メンバーがそれぞれ「渡辺麻友とは○○だ」を答えるというもの。

 番組序盤に登場した横山由依は、「渡辺麻友とは、とにかくAKB48愛がすごい人。コンサートも今後AKB48のことを考えて配置など決めてくださったりしている。」と語った。

 続いて、AKB48峯岸みなみ、SKE48松井珠理奈が登場し、松井は「麻友さんは私にとってもアイドルで、コンサートも初めから感情移入して泣いてしまった。」とコメントした。

 ”渡辺麻友とは○○だ”というテーマに対しては、「ドラマで麻友さんとは友達以上?な関係の役をやらせてもらい撮影中もドキドキしていた。だから、渡辺麻友とはキスをしたくなる相手。」「私はSKE481期生で、大矢真那ちゃんがいなくなってしまうと同期が1人になっちゃうんです。ゆきりん(柏木)さんも、麻友さんが卒業してしまうと同期が1人。みぃちゃん(峯岸)も同期がいなくなって1人。同期がいなくなるのは寂しいけど、同じ仲間(同期が1人のメンバー)がいると安心する。だからみぃちゃん辞めないで。」と松井が峯岸にお願いをすると、峯岸は「大丈夫、辞めるつもりない」と即答した。

 峯岸は「渡辺麻友とは謝りたい人だ」とフリップを掲げ、「裏だからこそ、ここだけの話をします。」と場をざわつかせ、「あの時(坊主事件のことと思われる)は本当にごめんなさい。」と渡辺に対して謝罪をした。

 コンサート終了後には、渡辺と同期の柏木由紀も駆けつけ、「生まれて初めて麻友に手紙を書いた。ドキドキしたけど麻友に伝わってよかった。」とコンサート本編の感動シーンを振り返り、”渡辺麻友とは○○だ”に対して柏木は、「渡辺麻友とは娘だ!」と答え、「目に入れても痛くない、そのくらいかわいい」と同期の絆の深さを見せた。

 最後には、渡辺麻友が登場し、「こんなに幸せなことはない。人生で初めての幸福感。」と語り、普段涙を見せることのない渡辺が、「抑えることができないくらい涙が出てきた。」とコンサートを振り返った。(イメージ写真提供:SHOWROOM株式会社)