経済成長を続ける中国。沿岸部の一部の大都市は、もはや日本の都市と遜色ないほどの発展を遂げた。生活インフラは整備され、何らかのモノが不足するということもなくなり、欲しいものは何でも手に入れることができるようになった。

 だが、中国では都市部と農村部の格差が非常に大きく、内陸部の農村には基本的な生活インフラすら整っていない場所も少なからず存在するのが現状だ。その点、日本では都市部でも地方でも生活の質に大きな差はなく、中国人からすれば日本は地方も十分に発展を享受できていることが驚きなのだという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は地方の農村部でも豊かに暮らすことができると伝え、「中国と日本の農村部における差はあまりにも巨大」であると伝えている。

 記事は、日本の農村部の写真を複数掲載したうえで、日本では農村でも人びとは手入れの行き届いた戸建て住宅に住んでいると紹介。中国の農村部では自宅の敷地内に果物の苗を植える人が多いのに対し、日本はどちらかと言えば観賞用の植物を植える人が多いと紹介。これはそれだけ生活に余裕があるためとの見方を示した。

 また、中国の農村部は道路の舗装すらままならないというのに、日本は農村部であっても道路はしっかりと舗装されていて、まるで都市部のようだと指摘したほか、住宅は周りの環境と違和感なく溶け込んでいて、地域全体に調和があり、雑然とした雰囲気は一切感じられないと主張。生活インフラの整備すら遅れている中国の農村に対し、日本の農村部は発展を十分に享受できていて、同じ農村であっても日中の差はあまりにも大きいと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(c)grigvovan/123RF)