地震の多い日本では耐震基準が厳格に定められている。そのため、中国人から見ると「日本の建築物は丈夫で優れている」と感じられるようだ。中国メディアの網易は23日、耐震性、保温性、防水性ともに優れた日本の建築方法を称賛する記事を掲載し、「どうりで毎日地震が来ても怖くないわけだ」と感心した。

 日本では震度1の小さなものも含めると非常に多くの地震が起きている。気象庁によれば、震度1以上を観測した地震は、2015年は1842回、16年は6587回に達した。16年は1日に平均18回も地震が起きた計算になるが、日本の建築物の災害対策がしっかりしているのもうなずける。記事は、同じ場所に家を建て直した一軒家を例にとり、日本の建築がいかに優れているかを紹介している。

 日本の建築について、記事が注目したうちの1つは「地盤調査」だ。2000年に建築基準法が改正され、建物の基礎の選定には地盤の許容支持力だけでなく、沈下量も考慮することが定められた。記事が紹介したこの建物では、「表面波探査法」を採用。これは人工的に小さな地震を発生させ、地盤支持力と沈下量を数値で知ることができる方法だ。この建物の地盤は十分な数値が得られたため必要なかったが、必要な場合は地盤改良工事などを行うことになる。

 さらに、床や壁に断熱材を入れたり、屋根の下葺き材には防水シート、ベランダにはFRP防水(ガラス繊維強化プラスチック)を使用したりして、保温性や防水性にも細心の注意を払っていることを紹介した。さらに、この家には太陽光パネルが設置されているが、日本では地方自治体からの補助が出るとも伝えた。

 記事は、日本の一戸建ての建設の全過程を通して分かったことは、「新しい技術をよく取り入れている」ことだと感心、災害に備えた質の高い建設を称賛した。無駄がなく、安心して住める日本の住宅。しかも、不動産の高額な中国と比べれば安く感じられる。日本の建築方法に中国人が感心するのも当然と言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)