日本では、街で見かける多くの車が日本メーカーの車だ。これは、日系車やドイツ車などの合弁車を多く見かける中国とは大きく異なる点だ。中国メディアの今日頭条は21日、日本人の自動車に対する見方を分析し、日本人から学ぶよう促す記事を掲載した。

 中国では、商品の購入など、ことあるごとに愛国精神と関連付けられる傾向がある。そのため「中国製品を買うのは愛国の表れ」となり、中国車に乗る人が増えてきているのは、自国メーカーを支持する愛国者の証明になると思っている中国人もいるようだ。

 日本の街で見かける車は、トヨタ、日産、ホンダ、スバルなど、ほとんどが日本車であるため、中国人的な思考からすると「日本人は愛国者」というイメージになるが、決してそうではないと記事は分析。日本人は「コストパフォーマンスが高いから日本車を選んでいるだけだ」と指摘した。つまり、日本人は愛国精神のためではなく、「質が良いから」日本車を選ぶのであり、中国人とは理由が違うと論じた。

 記事は、日本車は燃費が良くて技術者も優秀で、世界的に大きなシェアを獲得していると指摘したうえで、日本では自動車の購入に際し、「経済的で実用性が高いこと」を求めると紹介。特にバブル崩壊後は実用性重視に価値観が変わり、中国のように自動車で人を判断するわけではなく、単なる交通手段の1つに過ぎないため、実用性の高い日本車が愛されていると分析した。

 メンツや愛国心のために製品購入の選択肢が狭まり、本当に自分に合ったものが買えないというのは不自由なことだ。記事は、「愛国ゆえではなく、質が良いからと、理性的に判断したうえで日本車を購入できる日本人」を高く評価し、「中国もいつかはそうなるかもしれない」と期待を寄せながら、同時に中国車のメーカーにも「質が良いから」買ってもらえるように精進して欲しいと苦言を呈したが、これには時間がかかりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)