中国国内には、「中国はもともと世界をリードしていた国であり、日本は中国に学んできた周辺国の1つ」と考え、いち早く先進国となった日本に対して強いライバル意識を持つ人は少なからず存在する。著しい経済発展を遂げた中国は、すでに世界第2位の経済大国となり、対照的にバブル崩壊後の日本の経済成長率は低迷を続けている。

 日本では、バブル崩壊後の経済低迷の時期を「失われた20年」と呼ばれることがあるが・・・・

続きを読む