仕事に対する価値観は人によって異なるものだが、中国人から見ると日本人の仕事に対する態度や姿勢もまた異なって映るようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人は中国人に比べて「転職」をする回数が少ないと伝え、「日本人があまり転職しないのはなぜ?」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 中国では転職は日常茶飯事で、1年に2度転職するということも珍しいことではないという。転職にはデメリットがあるが、そのデメリットを上回るメリットを求めて果敢に挑戦していくのは中国人の気質とも言えるだろう。日本でも終身雇用の時代が終わり、転職は珍しいことではなくなったが、中国ほど頻繁に職を変える人は少ないだろう。こうした中国人の価値観からすると、「日本人はなぜあまり転職をしないのだろうか」と不思議に感じるようだ。

 記事は、日本人が中国人ほど転職しない要因として「日本の企業には終身雇用制、年功序列、労働組合」があり、こうした要素が転職の回数を少ないものにしていると分析。終身雇用制はすでに崩壊しているが、その名残は現在の日本企業に存在し、1つの企業で腰を据えて働くことが良しと考えられる要因となっており、結果的に日本人があまり転職をしない理由となっているとした。

 また日本人の気質として「道徳を重んじつつ、自分の責任を果たそうとするため、簡単には諦めない」という忠節心も関係していると考察した。確かに日本であまりに職を転々としているとその人の信用に影響するが、中国では転職はあまりに日常的すぎて、儲かる仕事をしていればそれが成功と見られる節がある。

 日本人にとって転職は人生の一大事という感覚があるが、より良い給与や待遇を求めて頻繁に転職する中国人のバイタリティーあふれる行動力にはただただ圧倒される。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)