今やラーメンは世界で人気を集めているが、ラーメンの本場である中国で親しまれるラーメンと日本のラーメンには大きな違いがある。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本でラーメンを食べたという中国人の手記として「日式ラーメンは本場の日本で食べてこそ満足できる」とする記事を掲載した。

 中国で食べられている麺の種類は非常に多いが、中国全土で一般的に知られているラーメンに「蘭州拉面」というものがある。これは中国中部の蘭州を本場とし、澄んだ色の牛ベースのスープにコリアンダーなどのスパイスの風味が効き、手打ちのやわらかい麺が特徴のラーメンだ。

 蘭州拉面は「牛肉麺」としても知られているが中国のラーメンは手打ち麺で、「引っ張る」という意味の「拉」が使われているように手打ちで引き延ばして麺が打たれていく。

 こうした蘭州ラーメンを好む中国人が中国で日本風ラーメンを食べると、「値段はとても高いのに然程美味しくない」と感じることもあるようだが、実際には日本のラーメンを好む中国人も少なくない。そういった人たちの中には、日本のラーメンがなぜ中国のラーメンより美味しくなったのか疑問に思う人も多いようだ。

 記事は、日本の豚骨ラーメンの店を紹介している。スープにこだわりを持つのは日中のラーメンどちらも一緒だが、日本の豚骨ラーメンはトッピングが素晴らしいと称賛、客が自分の好みに応じてトッピングを追加できるのも良いとし、「半熟卵を乗せるとスープに溶け出した卵がラーメンをさらに美味しくする」とその情景を語った。

 また、日本のラーメン店は注文の仕方の説明が分かりやすく表記されていることや、券売機によって、客数が多くても従業員を少なくし、良いサービスが提供できていることにも感心したようだ。

 中国で近年人気が高まっている日式ラーメンだが、サービス面も含めて、「日式ラーメンは本場の日本で食べてこそ満足できる」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)