訪日中国人旅行客の数が年々増加しているが、中国人たちは日本滞在中に「言葉」の面で困ることはあるのだろうか。中国メディアの泉州晩報はこのほど、中国人にとって「日本は言葉が分からなくても旅ができる国だ」と伝えている。なぜなら、日本の公共の場には配慮があふれているからだという。

 記事は、日本を訪れた中国人旅行客の見解として、「日本の公共インフラはどこも配慮があり、日本人はもちろん外国人であっても誰かに聞いたり、接触したりせずに何でも物事が解決する」と紹介。空港に到着した時点から各種言語のアナウンスが聞こえ、鉄道で移動するにしても切符は自動券売機で購入でき、外国語の分かりやすい案内があり、一言も発することなく宿泊先に移動できたと紹介した。

 続けて、電車に乗っている時に気づいたこととして、「大声で話をしている日本人は一人もおらず、誰もが静かで、話をするにしても小声だった」と紹介。日本は一言も発する必要がないほど各所に配慮があって、自動化も進んでいるため、日本人はまるで「話すことを嫌う人びとなのかと思ってしまうほど」だと感想をもらした。特に京都にある国民公園である「京都御苑」を訪れた際には誰もが静かであったため、自分の歩く音しか聞こえないほどだったという。

 しかし、日本で話をする機会があった日本人のなかには中国について関心を示し、色々なことを尋ねてくる人も複数いたそうで、日本人は決して「話すことを嫌う」わけではないと指摘。ただ、日本人は公共の場所ではルールや秩序を守り、他人に迷惑をかけないよう行動するため、「適切なタイミングでない限りは不必要なことまでは話さないだけ」であることがわかったと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)