旅行予約サービス「楽天トラベル」が17日、「2017年紅葉旅行が人気のエリアランキング」を発表しました。 

 「紅葉」のキーワードを含む宿泊プランの2名以上利用の予約人泊数(=予約人数×泊数)をエリアごとに集計した結果、 1位は昨年と同じく福島県の磐梯高原・裏磐梯エリアとなりました。 

■2017年 紅葉旅行が人気のエリアランキング

1位 福島県 磐梯高原・裏磐梯
2位 長野県 白馬・八方尾根・栂池高原・小谷
3位 長野県 上高地・乗鞍・白骨
4位 北海道 定山渓
5位 北海道 旭川・層雲峡・旭岳

 1位を獲得した福島県の磐梯高原・裏磐梯エリアは、トレッキングやドライブをしながら紅葉狩りができる旅行先として人気です。紅葉の名所「磐梯吾妻スカイライン」は最高標高1622メートル、吾妻連峰を縫うように走る観光道路で、「吾妻八景」と呼ばれる8つの景勝地をめぐります。「磐梯山ゴールドライン」は、磐梯朝日国立公園を通り裏磐梯に抜けるドライブルートで、磐梯山爆裂火口の絶壁や猪苗代湖の景観が楽しめます。 

  2位の長野県の白馬・八方尾根・栂池高原・小谷エリアでは、信州特有の昼夜の寒暖差が鮮やかな紅葉を生み出します。白馬村では、周辺の山々に初雪が降った直後の時期、雪の白・紅葉の赤・針葉樹の緑の三色からなる、この土地ならではの「白馬三段紅葉」の景色が見られることがあります。小谷村にある「栂池自然園」は、標高1880メートルの山腹に広がる中部山岳国立公園で、9月には高山植物が色づきはじめ、10月のピークにはナナカマド、カエデ、ダケカンバなどの紅葉をトレッキングしながら眺めることができます。 

  3位は長野県の上高地・乗鞍・白骨エリアです。上高地の代表的なスポット「河童橋」の橋上からは、穂高連峰や焼岳が眺められ、田代池や大正池では水面に映る紅葉が楽しめます。 乗鞍岳では9月中旬ごろに山頂付近から紅葉が始まり、徐々に乗鞍高原のヤマウルシやオオカメノキ、カツラ、カエデなども色づいて、華やかに山を彩ります。乗鞍高原の「一の瀬園地」には、「大カエデ」と呼ばれるひときわ目立つカエデの木があり、紅葉の撮影ポイントとして親しまれています。

 中国人観光客に人気の紅葉スポットと言えば、京都と日光が鉄板。シーズンになると大勢の人々が色鮮やかな景色を求めて訪れますが、ちょっと足を伸ばせば他にも美しい場所があることを、是非知ってもらいたいですね。(イメージ写真提供:123RF 福島県の紅葉の様子)