コクヨグループでオフィス通販を行う株式会社カウネット(本社:東京都大田区 社長:高橋 健一郎)が、全国の有職者を対象に「職場の床」に関する調査を実施しました。

■職場の床についている汚れ、原因の46%が飲み物

 執務スペースの床で最も使用されている素材は「カーペット」で42%でした。床の汚れについて聞いたところ、「コーヒー・お茶・ジュースなど飲み物の汚れ」が最も多く46%、「砂・泥汚れ」が42%となりました。

■こぼした経験のある飲み物、第1位は「コーヒー」

 こぼした飲み物の種類は「コーヒー」が74%、次いで「緑茶」が39%でした。さらに、飲み物をこぼした経験があり、床の素材が「カーペット」と答えた回答者のうち、汚れが残ったという人は67%でした。

 一方、床の素材が「カーペット以外」と答えた回答者で、汚れが残ったと答えた人は27%でした。床の汚れについて困っていることを聞くと「コーヒーなどをこぼした時、ティッシュで拭くだけだと汚れが残る」といった回答があがりました。


出典:「カウネットモニカ」 http://www.kaunetmonika.com/