ブータン政府観光局は、ブータンの豊かな文化、伝統、歴史を体験していただくために『2018年ブータン国内フェスティバル暫定スケジュール』(全11ページ)をブータン政府観光局英語サイトに公開いたしました。

 ブータンでは、「ツェチュ」と呼ばれるブータン中の寺院、僧院、ゾンで毎年お祭が行われます。ツェチュは「10日」という意味を持ち、太陰暦で月の10日目に当たる日を祝う宗教的な行事で、ブータンに仏教を伝えたと言われるグル・リンポチェの生まれた日と一致するとされていますが、ツェチュの行われる月は、地域や寺院によってそれぞれ異なります。

 ツェチュは、様々な村から人が集まり宗教的な仮面舞踏の鑑賞や、ブータン伝統楽器での音楽演奏などが催され、大いに賑わいます。


■パロ・ツェチュ
 パロ、ティンプーなどのツェチュは大規模で多くの観光客が訪れることでも知られています。また、「ハ・サマーフェスティバル」や「ウラ・松茸フェスティバル」も、日本人観光客には人気です。

 「ハ・サマーフェスティバル」は、パロから車で約3時間弱の高地に立地する村「ハ」にて、毎年7月上旬に行われます。ハの名物料理「ヒュンテ」というそば粉を使った蒸し餃子も味わえます。

 そして、ブータンの松茸名産地としても有名なブムタン地方の「ウラ」では、7月中旬から8月末にかけて松茸の収穫が行われますが、松茸の収穫をお祝いするのが「ウラ・松茸フェスティバル」です。ウラの人々の伝統的文化や、松茸狩りなどの体験もお楽しみ頂けます。

 但し、現在発表されているスケジュールは暫定であり、目安として参考にしていただくためのものです。各地域や各祭などによって、最終的な日程など変更の場合も十分にありますので、旅行手配の際には必ず各手配先旅行会社にご確認下さいます様、お願い致します。

(イメージ写真提供:ブータン政府観光局)