中国とインドはどちらも経済が成長していて人口も非常に多いという共通点はあるが、国同士の関係は領土問題があるため良好ではない。中国メディアの今日頭条は13日、インドは中国メーカーのスマートフォンを集団で排斥してきたと伝える一方、中国の自動車については排斥の動きすら見られないと伝え、その理由について考察している。

 記事はまず、中国のスマホはインドでも売れており、中国のスマホメーカーにとってインドは重要な市場であることを指摘、それだけに中印関係が緊張すると中国では「インド人が中国のスマホを排斥し始めた」といった声が聞かれるようになったと紹介。だが、どれだけ中印関係が悪化しても、インドの消費者が中国メーカーの自動車を排斥し始めたという声は聞かれないのが現状だと指摘した。

 続けて、中国の自動車メーカーも近年は技術向上が著しく、中国で人気の高いSUVを中心に消費者に満足をもたらすことができる車を開発できるようになったが、それにもかかわらずインドで中国車の排斥が起きないのは、インドでは中国車がもとから支持されていないためだと指摘。インドでは日本のスズキが支持を集めており、特にアルトは非常に大きなシェアを獲得していると紹介した。

 インドでアルトが支持される理由は、交通事情の悪いインドでは小さい自動車のほうが使い勝手が良いうえに、インドでは全長4m以下の自動車に対して減税措置が取られており、しかも小さい自動車は燃費が良いことが理由だと推測した。

 そして記事は、どれだけ中印関係が悪化しても、インドの消費者が中国メーカーの自動車を排斥しようとしないのは、インドで中国メーカーの車はほとんど売れていないからだと指摘。「排斥する必要性がないだけ」というのが本質的な理由であると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)snehit/123RF)