日経ナショナル ジオグラフィック社(代表:中村尚哉 所在地:東京都港区虎ノ門)は16日、「ナショナルジオグラフィック別冊」シリーズの第7弾として『100年後も見たい動物園で会える絶滅危惧動物』を発売した。

 ジャイアントパンダが絶滅危惧動物であることは知られているが、他にも動物園には多くの絶滅に瀕した動物がいる。コアラ、キリン、ゾウなど人気の高い動物から、カンムリシロムクやビントロングなど知名度の低い動物まで、日本の動物園で見られる絶滅危惧種を40種紹介している。

 絶滅から動物を守る「フォト・アーク」プロジェクトの一環として刊行される同書は、プロジェクト発起人の写真家ジョエル・サートレイが「存在すら知らない相手を守ることはできない」と語ったように、本書を見て、実際に会いにいくことで、動物を身近に感じ、関心を持ってもらいたいという願いが込められた一冊だ。


『100年後も見たい 動物園で会える絶滅危惧動物』
2017年10月16日発売/定価 1,400円+税
サイズ:天地283mm×左右195mm/116ページ/ソフトカバー
日経ナショナルジオグラフィック社

【主な内容】
絶滅危惧種とは何か
動物園で見られる希少動物40種
ジャイアントパンダ/アジアゾウ/グレビーシマウマ/スマトラオランウータン/ヒクイドリ/スマトラトラ/インドサイ/カンムリヅル/セスジキノボリカンガルー/マンドリル/チーター/アオキコンゴウインコ/タスマニアデビル/ダイアナモンキー/アメリカマナティー/チンパンジー/オカピ/ワオキツネザル/インドライオンビントロング/コキサカオウム/リカオン/アダックス/キリン/スナドリネコ/カンムリシロムク/コアラ/ユキヒョウ/キンシコウ/オオアリクイ/レッサーパンダ/コビトカバ/レッサースローロリス/ハワイガン/ボウシテナガザル/マレーバク/ウンピョウ/ゴールデンライオンタマリン/フンボルトペンギン/ニシゴリラ
動物園はノアの箱舟
種をつなぐ取り組み──動物園と「保全」
フォト・アークとジョエル・サートレイ