かつて江戸と称された東京は急速な近代化を遂げ、その姿を大きく変えた。今でも当時を偲ばせる古跡はあるが、江戸の街並みや雰囲気を体験したいのであれば「小江戸」と呼ばれる埼玉・川越を訪れるのも一興だ。中国メディア・今日頭条は11日、川越を「タイムスリップできる街」として紹介する記事を掲載した。

 記事は「もし日本の東京にやってきて、日本の伝統的な文化や建築に興味を持ったならば、東京近郊の川越に行ってみることをおすすめする。日本には今もなお伝統的な雰囲気を残す街はたくさんあるが、『小江戸』と呼ばれる川越ほど東京に近い場所はない。市内には多くの寺院や江戸期の街並みが多く残されている。100年を・・・・

続きを読む