中国と韓国が結んでいた通貨スワップ協定が10日に終了した。通貨スワップ協定とは、緊急時に資金を融通し合う協定だが、中韓関係が高高度ミサイル防衛システム(THAAD)をめぐって冷え込むなか、通貨スワップ協定は延長されずに期日を迎え、終了することになった。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む