日本のエコノミーホテルに宿泊すると、たいがいバス・トイレはユニットバスだ。狭い空間にシャワー、浴槽、洗面台、トイレを盛り込んだ配置は、超効率的な空間利用技術と言える。そして、比較的容易に設置できることも、大きな魅力だ。中国メディア・今日頭条は7日、旅行で訪れた日本で見たユニットバスに感銘を覚えたとする記事を掲載した。

 記事は「国慶節のゴールデンウイークに日本を旅行した。日本と中国の関係は微妙ではあるが、日本にはわれわれが参考にすべきものがあるのは否めない。日本の『小世界、大設計』と言うべきトイレがそうだ。空間の不足を解決すべく、日本人はいろいろと思考を巡らせたのだ。2平方メートル足らずの空間に、洗面台と便座、そして浴槽が配備されているのは実に驚きだ」としている。

 日本では浴槽はあって当然の設備だが、中国では「なくて当然」のもの。バスルームは固定式のシャワーのみという所が多い。しかし記事によれば、仕事帰りの中国人女性の多くは帰宅後に浴槽で心身をほぐしたいと考えているという。

 記事はユニットバスについて「最大のポイントは、スペースが節約できるだけでなく、小さいながらも機能が充実しているところだ」と指摘。それでいて美観も備えている点についても、中国が参考にすべきだとしている。「省エネであり、中国でも速やかに普及すると思う。施工もそこまでたくさんの技術は必要とせず、しっかりと設計図を書いて慎重に施工をすれば問題ない」と説明した。

 そして最後に「決して外国かぶれではない。空間デザインは確かに大切。トイレのスマート化が進む現在、より多くのハイテクが中国市場に導入され、われわれはそれを享受することになるだろう」と結んでいる。

 ユニットバスは確かに狭い空間で3つの機能を集約した究極の省エネ設備と言えるが、同時利用できないというデメリットも抱える。中国で普及するとすれば、都市部の1人、2人世帯の住居ということになりそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:写真AC)