2002年にAIBOの開発を中止して、ロボット事業から撤退したソニーが来年、家庭用犬型ロボットを発表するという。同社の「ロボット回帰」の背景には、AI(人工知能)を取り巻く環境が15年前と大きく変わったことがあるようだ。これからの時代、AIを制する者が世の中を制する、と言っても過言ではないかもしれない。

 中国メディア・環球時報は9日、AI開発で中国から後れをとっている日本の業界を支援す・・・・

続きを読む