世界各地でラグジュアリークラスのホテルとレジデンスを展開するマンダリン オリエンタル ホテル グループが、中国の首都北京市の旧城内歴史文化保護区に「マンダリン オリエンタル チェンメン北京」を開業することが決まった。

 オープンは2018年後半の予定で、同グループは開業にあたり、中国企業とのホテル運営受託契約を獲得した。外資系ホテルの中では、この北京歴史文化保護区にホテルを開業するのは今回が初めてとなる。

 「マンダリン オリエンタル チェンメン北京」は、元の時代(13世紀)の面影が残る北京歴史文化保護区内の胡同(北京特有の細い路地)に位置し、北京を代表する主要観光地である天安門広場、天壇、紫禁城へも徒歩でアクセスができる便利なロケーション。

 マンダリン オリエンタルならではの東洋のエッセンスを採り入れたデザインと、最新の設備を備えた中国の伝統的な建築様式「四合院」(中庭を囲んで四方に建物を配した建築様式)を改修した同ホテルは、四合院スタイルの客室やダイニング施設、ロビーラウンジを細い路地で行き来することができ、中国の伝統文化を体験できるユニークなコンセプトを採用している。

 また館内には、ルーフテラス付きのオールデイダイニング、中華レストラン、中国の伝統的なお茶が体験できるティーラウンジ、マンダリンケーキショップの他、室内プールとフィットネスセンターやスパなど、充実した施設が取り揃えられ、他では味わえない、ラグジュアリーな中国の旅を存分に堪能できそうだ。(イメージ写真提供:(C)マンダリン オリエンタル ホテル グループ)