日本は中国人のあこがれる「匠の精神」を武器に、世界で最も「老舗企業」の多い国になっていると言われているが、近年では日本企業が買収されたり、経営難に直面したりといった報道が後を絶たない。中国メディアの捜狐は1日、「これだけ多くの匠がいるのに、なぜ老舗企業がだめになっていくのか」分析する記事を掲載した。(イメージ写真:葛飾北斎 富嶽三十六景の一枚、「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」)

続きを読む