アシックスジャパン(本社:兵庫県神戸市 代表取締役会長兼社長CEO:尾山基)は6日、国内最大の旗艦店となる「アシックス原宿フラッグシップ」を、原宿・明治通りにオープンした。「アシックス」「アシックスタイガー」「ホグロフス」の3ブランドを取り扱うほか、ヨガやピラティスなどができるイベントスペースも併設し、ショッピングだけでなく、「コト体験」を楽しめる場所の提供も行う。

 また同店は、パレフランス跡地に建設された「神宮前タワービルディング」の1階にあり、明治通りと竹下通りの交差点という好立地。訪日外国人の往来も多いこの界隈には、目先には「ニューバランスフラッグシップストア原宿」が、表参道ヒルズ裏には「オニツカタイガー 表参道 NIPPON MADE」が路面店を構えている。『オニツカタイガー』は、同社がアシックスに社名・商標を変更する以前に製造販売されたブランドで、近年再び海外を中心に人気を集めており、訪日中国人が日本で購入したいものランキングにも名前の挙がる人気のスニーカーだ。

 オープンに先だって開かれたセレモニーにおいて尾山氏は、「販売チャネルはまた別物と考えている。ここは訪日外国人の方にとっても『実物を手に取ることのできる場所』となってくれたら」と、原宿という立地ならではのビジネス構想を語った。

 また同店では、訪日外国人向けに、店舗で購入した商品を羽田空港または成田空港で受け取ることができる「エアポートデリバリーサービス」を導入する。ショッピングも街歩きも身軽に楽しみたい旅行者には嬉しいサービスとなりそうだ。(イメージ写真:サーチナ編集部撮影)