2020年の東京五輪、さらにはその先を見据え、日本の卓球界は中国の大きな牙城を崩すべく選手の育成を強化している。中国メディア・今日頭条は3日、日本の卓球界が人材のみならず「ロボット兵器」の開発にも力を入れていることも伝えた。

 記事は、2日にオムロンが開発した卓球ロボットが日本男子卓球界のエース・水谷隼に挑戦したと紹介。ロボットはセンサーや人工知能を駆使して球の軌道を予測すると同時に、巧・・・・

続きを読む