日本はこれまでの歴史上、ずっと中国と交流を持ってきたわけだが、中国人の目に日本人はこれまでどう映ってきたのだろうか。中国メディアの新浪は27日、中国の古書から日本人に対するイメージの移り変わりが分かる、とする記事を掲載した。

 記事がまず紹介したのは唐の時代の日本人のイメージだ。遣唐使が派遣された時代であり、多くの留学生や僧が唐に渡ったが、なかでも強い印象を残したのが阿倍仲麻呂だという。・・・・

続きを読む