日本と中国は、アジアを中心に高速鉄道の受注競争を繰り広げている。最近では、インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画を中国が受注、日本はインドのムンバイとアーメダバードを結ぶ路線を受注した。日中の受注競争は一進一退といった状況にある。

 中国は、ジャワ島のプロジェクトを今後の受注に向けた重要な「実績」としたいところだが、土地の収用が思うように進んでおらず、計画そのものにも遅れが出ているという。

 だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、今後繰り広げられるシンガポールとマレーシアを結ぶ越境高速鉄道の受注競争において、中国は有利な立場にあると主張する一方、日本を軽視してはならないと主張した。

 このマレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画は、2017年末までに入札が行われる予定だ。日本と中国のほか、韓国なども入札に参加すると見られている。

 記事は、中国高速鉄道には高い技術と様々な気候、気象条件のもとで運用がなされてきた実績、そしてコストパフォーマンスの高さという強みがあるうえ、中国政府が提唱する「一帯一路」構想はシンガポールにも大きな利益をもたらすものだと指摘。従って、マレーシアとシンガポールを結ぶ越境高速鉄道は「中国案を採用したほうがより大きな利益につながることはマレーシアもシンガポールも分かっているはず」と主張し、中国は有利であると論じた。

 一方で、日本の東南アジア諸国における影響力を軽視してはならないとも警告。日本製品は東南アジア諸国において「高品質で安全、安心」という良好なイメージを築いており、また、日本は越境高速鉄道の受注に向けて、インド同様に低金利での円借款などの優遇策を打ち出してくる可能性があるとし、「中国は有利な立場にあるが、日本を軽視してはならない」と強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)t4nkyong/123RF)