日本と中国は隣国同士ではあるものの、相互理解はあまり進んでいないと言えるだろう。そのため、日本を訪れた中国人旅行客は様々な点で驚きを感じるのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、初めて日本を訪れたという中国人の手記を掲載し、「日本を訪れると中国との違いに驚いてしまう」と伝えている。

 記事は、「多くの中国人にとって、日本はよく知っているようで、ほとんど知らない国」だとし、電化製品や車など日本ブランドは知っていても「日本人の考え方や生活様式は中国ではほとんど知られていない」と指摘。だが、今回の訪日旅行を通じて、知らなかった日本の姿が見えたと伝えた。

 まずこの中国人が驚いたというのは「日本人の消費意欲のなさ」だという。中国では経済成長を背景に人びとの消費も伸びており、爆買いで話題となったように人びとの消費意欲は非常に強い。だが、日本滞在中に「日本は低欲望社会に突入した」という話を聞いて、「家も車も欲しがらない日本人の欲のなさ」に驚いたという。

 また、次に驚いたというのは「日本の清潔さ」だ。これについては多くの中国人が称賛する点であり、日本人にとっては目新しさのないことだが、「多くの中国人が絶賛するとおり、日本は本当に清潔だった」と伝え、日本では「トイレの水も飲める」という話はあながち嘘じゃないと思ったと紹介した。

 筆者は実際に公衆トイレで清掃が行われている様子を見かけたそうで、1つ1つの便器を非常に念入りに清掃していた様子を見て「非常に衝撃を受けた」そうだ。日本ではごく当たり前のことだが、中国の公衆トイレは汚れやニオイがひどく、しっかりと清掃されていないのが良くわかる。汚くなりがちな場所だからこそ念入りに清掃するという日本の常識に衝撃を受けたようだ。

 さらに記事は、日本人の礼儀正しさや形式を重視する国民性にも驚きを感じたと紹介。日本人はどのような時でもお辞儀を欠かさないため、ごく短い期間の日本滞在中にお辞儀の習慣が身についてしまったと伝えた。また、日本で買い物をした時も商品の梱包が「中国では絶対にあり得ないほど、丁寧だった」と伝え、こうした点も形式を重視する日本の国民性であり、日本を訪れたことで「日本人は外見こそ中国人に似ているが、考え方や習慣などは全く違っていることがわかった」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)