蔡英文氏が台湾総統に就任して以降、中国と台湾の関係が冷え込んでいる。蔡英文総統は中国が主張する「一つの中国」という原則を認めておらず、中国側は台湾への圧力強化の一環として中国人の台湾への旅行を制限していると言われる。

 馬英九氏が総統を務めていた時の台湾と中国は、関係が良好だったため、台湾の観光業界は数多く訪れる中国人旅行客によって大いに潤っていたが、中台関係が冷え込んだことで台湾の旅行・・・・

続きを読む