日本を訪れる中国人旅行客が年々増加しているが、初めて訪日した中国人たちは一体どのようなことに驚きを感じるのだろうか。日本と中国には社会や習慣、風習など様々な点で違いが存在するが、中国人女性にとっては「日本では和服を着ている女性が今も見られる」ということに驚くようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人女性の手記を掲載し、日本の伝統衣装である和服が現代でも廃れずに残っていて、日本人女性が着物を着たり、浴衣を着たりと今なお日常生活で愛されていることに驚いたと伝えている。

 この中国人女性は、先進国の日本は「非常に発展した国」であり、現代化も進んでいるというのに「様々な伝統」が今なお息づいていることに大きな驚きを感じたようだ。日本各地を観光で回った際、ときおり和服を着た女性を見かけたようで、なかには観光客らしき外国人女性もいたようだが、和服の美しさにすっかり魅了され、「興奮してしまった」という。

 中国では急激に現代化が進む一方で、伝統や古いものはどんどん失われており、胡同と呼ばれる伝統家屋も取り壊しが進み、高層ビルへと姿を変えている。中国はもともと多民族国家であり、各民族に伝統衣装があるのだが、現代では一部の少数民族を除いて日常生活で伝統衣装が着用されることはなく、漢族の伝統衣装である漢服も着用される機会はまずない。

 また、満州族の伝統衣装であるチャイナドレスを着用している女性を見ることはあっても、チャイナドレスはレストランなどで制服のような扱いとなっていることも多く、日常生活でチャイナドレスを着用して外出する中国人女性はまずいないだろう。現代化が進んでも伝統が残る日本と、伝統を切り捨てながら現代化に邁進する中国、多くの中国人女性は日本で和服の美しさに魅了されながらも、自国で伝統衣装を着る機会がないことに歯がゆさも感じるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)