中国人の存在を「恐ろしい」あるいは「脅威」と感じる日本人はどれだけいるだろうか。

商売上手と言われる中国人。彼らとビジネスで競合関係にある場合は、中国人の存在を「脅威」と感じる日本人もいるかもしれない。

 一方、中国人も日本人について「恐ろしい」と表現することがある。それは、中国人にはない優れた特性が日本人にあるためだという。

 中国メディアの捜狐は17日、日本人と中国人には共通の言語がないため、コミュニケーションを取るのは現実的に容易ではないとする一方、日本を知ろうとしてみると「日本の恐ろしさが分かってくる」と論じる記事を掲載した。

 記事はまず、日本を訪れた中国人がまず感じるのは「清潔さ」であるとし、日本は中華街すら清潔だと指摘。大都市のみならず、中小規模の都市や小さな路地も「あらゆる場所が清潔」であり、中国人は「なぜ日本人にはできて、中国人にはできないのか」という疑問を抱かざるを得ないとする一方、日本が清潔である背後には、清潔さを「追求する」という徹底した考え方があると紹介。逆に中国は幼稚園の頃からすでに「清潔ではない」とし、清潔さを追求しない環境で育った子どもが大人になって清潔さを追求するはずがないと論じた。

 また、日本人の他人に迷惑をかけないという考え方や、自分の仕事に責任を持って全力で取り組むという考え方も「中国人にはない優れた特性」であると指摘。自分の仕事に全力で取り組むことこそ愛国であるとする一方、中国では勤勉に仕事に取り組むことで愛国心を示すことができる人が少ないとの見方を示した。

 さらに記事は、中国経済が日本経済の規模を超えたことを中国人は誇りに感じていることを伝えつつも、「人口や国土の規模を考えれば、当たり前のこと」であり、むしろ資源の量など圧倒的に不利な日本が先進国となったことを中国人は認めたうえで、日本から謙虚に学ばなければならないと指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)