日本に観光で訪れて「恥ずかしい思いをした」という中国人観光客は少なくない。なぜなら日本は中国と違って街にゴミが落ちておらず、偽物や海賊品が出回っていないうえに、道に唾や痰を吐く人がいないなど、中国と民度や道徳に大きな差があることを目の当たりにするためだ。

 中国では「日本人がゴミのポイ捨てをせず、痰を吐かないのは、厳しい罰則があるため」という見方があるが、果たしてそれは事実なのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人から見た「日本の道徳」について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本に長く住んだ経験のある中国人の見解として、日本の道徳について「規則と抑圧」が関係しているとの見方を示し、日本には「明確な規則」があるわけではないが「大多数の人が行う」行動があると指摘。こうした「社会的な抑圧」は中国人から見るとやはり「規則が存在していること」と同じに感じるようである。

 例えば日本には「食事の時に口もとを片手で隠す仕草」や、「玄関で脱いだ靴を揃えるときは、他人に尻を向けない」、「就職活動では髪の毛やカバンなどを黒で統一する」など、中国では見られない多くの「一般常識」が存在していることを指摘し、こうした一般常識は「それ以外の行為や行動を排除する抑圧として働き、明文化されずとも規則として機能する」ことを強調した。

 記事は、中国の思想家である孔子の言葉として「恥を感じる精神が道徳心につながる」とし、「日本人がゴミのポイ捨てをせず、痰を吐かない」のは厳しい罰則があるからではなく、そうした行為をすることに日本人は「恥」を感じるため、日本人は恥ずかしい行動を取らないよう自らを抑圧するのであると論じた。

 日本人の行動規範の1つが「恥」であるとすれば、中国人の行動規範の重要な要素は「メンツ」であると言えるだろう。日本人は痰を吐いて他人から白い目で見られることを「恥」と見なすため、こうした行動を取らない。一方、中国人は食事の席などで割り勘にすることは「メンツが立たない」と見なすため、全員の分を積極的に支払おうとする。日本人と中国人の行動規範が違うのは「恥」と「メンツ」という重要視する要素が違っているためとも言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)