日本人と中国人は外見こそ似ているが、考え方や習慣は大きく違っている。それゆえ、中国人からすれば日本人の考え方や習慣は「非常に独特」に見えるようだ。

 中国メディアの網易教育はこのほど、ヨーロッパの宣教師ルイス・フロイスが記した400年以上前の日本を紹介する「日本史」の資料をもとに、当時の日本人と現代の日本人を比較する記事を掲載した。

 ルイス・フロイスは安土桃山時代に織田信長をはじめとする日本史の英雄たちと会見をした経験を持ち、「日本史」と呼ばれるイエズス会の布教活動の記録を残した人物だ。この記録は当時の日本の姿を知ることができる貴重な資料だが、記事は「西洋人から見た当時の日本の風土や人間模様には、現代の日本人にも見られる共通点があり、非常に興味深い」として紹介している。

 続けて、約400年の時を経て、日本人の生活環境や生活様式は大きく変化しても、日本人の意識や考え方は多くの点でほぼ変化していないと記述。たとえば、ルイス・フロイスの記録では「西洋人は良い衣服を外に着るのに対し、日本人は良いものは内側に着る」とし、日本人のひけらかすことを嫌う性格は現代も続いており、現代の日本人は日常会話でも「自分の家柄や功績を自慢する人は少なく、ひけらかすことを嫌うのは同じ」とした。

 また、昔の日本人と現代の日本人で変わっていないこととして、「日本人は贈り物をすることが少ない」と紹介。中国人にとって贈り物は「相手に対しての親密さを示す」ものだが、日本では親密さよりも「礼儀」を表すものとした。「お歳暮やお中元、訪問先への手土産などの品物を、どの店で何を買うがとても重要」だが、日本人は普段はほとんど贈り物をしないとし、それは相手に気を遣わせてしまうためではないかと論じた。

 そのほかにも記事は、日本人は「昔から清潔好きで、礼儀正しかった」とし、現代において広く認知されている日本人の性格や特徴は「400年以上前にはすでに形成されていたことがわかる」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)amenohi /123RF 第 59 回信長祭で、浅井三姉妹の1人とルイス・フロイスに扮した参加者)