秋を迎え、新米の季節を迎えると、炊き立てのツヤツヤなご飯を見るだけで食欲が増すというのは日本人だからこその感覚なのかもしれない。アジアの国々でも米を食べる習慣はあるが、日本人のご飯に対するこだわりは、アジアの人びとから見ても「特別」に映るらしい。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人は白米のご飯について「味や炊き方に強いこだわりを持っている」とし、「なぜこれほど米を好んで食べるのか」と問いかける記事を掲載した。

 近年は中国人の間でも和食がどのような料理か知られるようになっているが、記事は「和食はどのようなおかずであっても、大抵一緒にご飯を食べる」と紹介。日本人がご飯を好きなのは米の品質が良く、食感など味も他の国より優れており、和食は美味しいご飯とともに発展してきた料理であるからであり、日本の美味しいご飯の炊き方については学ぶ価値があるとした。

 中国では毎食炊いたご飯を食べる人は少なく、麺類や万頭やお粥などを主食として食べることに慣れていて、炊いたご飯は重く胃に負担が掛かるように感じられるらしい。また炊飯器の品質や米の種類も関係するが、中国ではご飯を美味しく炊くことが難しく、炊けたご飯はパサパサとした食感で艶や弾力もなく、ご飯だけを食べて美味しいと感じることは難しい。

 記事は美味しいご飯の炊き方について、日本人は「お米の研ぎかたや水切りはもちろん、新米と日が経った米で水加減を変えたり、炊きあがった後に蒸らす時間を取ったりする」などの工夫をしていて、米の味や炊き方に強い「こだわりを持っている」のだと伝えた。

 日本を訪れた中国人が日本で電気炊飯器を爆買いしたのは、まさに日本のご飯の美味しさに感動したからであろう。味付けではごまかすことのできないご飯の美味しさ。日本と中国でご飯の味に大きな違いがあるというのは、同じアジアに住む中国人にとっては衝撃的なことなのだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)