日本でも芸能人が「休暇をどこで過ごしたか」ということが話題になることはあるが、中国では「休暇をどこで過ごしたか」ということよりも「休暇を日本で過ごした芸能人」が特に大きな話題を集める傾向にある。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、これまで休暇で日本を訪れた中国の複数の芸能人を挙げて「なぜ中国の芸能人たちはこれほど日本に行くことが好きなのか」と問う記事を掲載した。

 日本と中国は地理的に近く、中国人にとって日本は訪れやすい国であるのは間違いないが、中国の芸能人がわざわざ休暇を日本で過ごそうとするのは地理的な近さだけが理由ではない。日本でも知名度のある中国の芸能人が家族や夫婦で日本を訪れるというケースも多い。下手をすれば愛国心の強い中国人は批判を受ける危険性があるにもかかわらず、なぜ中国の芸能人たちはプライベートで日本を訪れるのだろうか。

 記事は中国の芸能人にとって日本が魅力的に映る理由を複数挙げている。たとえば、日本が清潔であること、衛生環境や治安が良いこと、接客サービスが良いこと、食事が美味しいこと、風情のある温泉が楽しめること、ショッピングが楽しめることなどだ。

 こうして見てみると、中国の芸能人が日本を訪れる理由は一般の中国人旅行客が訪日した際に語る「日本の魅力」とほぼ同じであることが分かる。つまり、こうした日本の魅力は、芸能人か否かにかかわらず、中国人にとっては魅力的な観光資源として映っているということだろう。

 また、中国の芸能人たちは日本滞在中の様子を自らのSNSで発信することも多く、流行を先取りしている中国人スターたちが日本で楽しんでいる様子を見た中国の人びとが影響を受けて日本旅行を楽しむという良い循環が生まれているのかも知れない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:CNSPHOTO 恋人と京都・奈良を訪れたことを報じられたこともある范冰冰(ファン・ビンビン))