自動車の急激な普及とともに、自動車大国となった中国。自動車が身近な存在になる一方で、交通死亡事故も増えている。中国メディアの今日頭条は15日、「日本では交通事故による死亡率が低いのはなぜなのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、大きな自動車社会で人口密度も高い日本の交通死亡者数が少ない理由について紹介している。

 記事はまず、日本の2015年度における交通事故死亡者数が4117人であったのに対し、「中国の15年の交通事故死亡者数は約10万人」に達したと紹介した。日本と中国は人口の規模が違うため、数字だけで単純な比較はできないが、人口の比率を考慮しても中国は交通事故によって死亡する人の数が圧倒的に多いことがわかる。では、この違いの原因はどこにあるのだろうか。

 記事は、日本の人口1000人あたりの交通事故死亡率が低い理由として、「日本の交通事情は秩序があって、皆がルールを守っている」ことを挙げた。日本では自動車は車道を走り、歩行者は歩道を歩くようしっかり分けられているとしたほか、「歩行者が信号無視して道路を横断することはめったに見られない」ことを紹介。中国の交通事故の多くは交差点で発生しているようだが、多くの人が信号を守らずに道路を横断しているのが現状だ。

 さらに「日本の運転手は、交通規則を守る意識を強く持っている」とし、中国では交差点で一時停止する運転手は少ないが「日本の運転手は交差点で減速し、歩行者がいれば一時停止して歩行者の安全を優先する」と紹介した。さらに、自動車が1台通れるほど狭い道路で自動車が詰まっていても、後続の車は辛抱強く待つことができると紹介。逆に中国では、あちらこちらでクラクションが鳴り響くのが日常であり、こうした辛抱強さも事故の減少につながっているとの見方を示した。

 最後に記事は、「お互いに理解し合い、お互いに譲り合うことは、命に対して敬意を抱いていることになる」と結び、事故を減らすために日本に学ぶべきだと指摘している。中国のネットユーザーからは、「歩行者も電動バイクも信号を守らない。事故で死亡する人の数が多いのは当たり前だ」といった声が寄せられていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)