核実験、ミサイル発射と北朝鮮情勢が緊迫している。また、拉致問題は遅々として進展しない。経済制裁の動きも強まっている。そのような中、約30年前の1985年に、韓国語を勉強した会社の同僚が「ハングル・スピーチ・コンテスト」に参加、応援に行ったことを思い出した。今日は、その時のことを書いてみようと思う。(大阪市鶴橋のコリアン・タウン。写真提供:日本経営管理教育協会)

続きを読む