日本では中国製品に対して「安かろう、悪かろう」というイメージを抱いている消費者は数多く存在するはずだ。一部で品質の向上が見られる中国製品は存在するのだが、低価格を強みとした製品の多くはやはり「安かろう、悪かろう」のままだと言える。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む