9月21日には国際アルツハイマーデーだった。高齢者人口の増加が急速に進んでいる日本では、アルツハイマー病の患者と社会との関わり方を真剣に考える必要性に迫られている。中国メディア・新華網は21日、国際アルツハイマーデーに先駆けて東京・六本木で営業を行った「注文をまちがえる料理店」について紹介する記事を掲載した。

 記事は「17日、六本木にあるレストランを訪れた。大雨にもかかわらず、席は予約・・・・

続きを読む