中国にはビジネスや留学のために駐在する日本人が少なからず存在する。日本と中国とでは人びとの習慣や環境など、さまざまな点で大きな違いが存在するが、中国で長期にわたって暮らしていると、やはり現地の生活にすっかり馴染んでしまう部分はあるだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国で暮らす期間が長ければ長いほど、外国人であっても中国人に似てくるものだと伝えつつ、これは日本人であっても同様だと主張、中国に長期滞在する日本人が「中国で染まってしまうこと」について論じる記事を掲載した。

 記事は、中国の日常生活は「日本人が羨ましがるほど便利な部分も多い」と主張し、たとえば中国には日本でほとんど普及していないタクシーの配車サービスが普及していて、しかも安くタクシーを利用できると指摘。タクシーが比較的高額だと言われる日本とは違い、中国では日常生活で気軽にタクシーを利用できるのは事実であり、中国に滞在している日本人にもタクシーを毎日のように利用している人は多い。

 また、中国で普及している「QRコードによる決済」についても「日本人も一度使用したら癖になってしまい、日本で買い物をする際の決済方法がいかに原始的か理解してしまう」と主張。中国では近年、キャッシュレス化が進んでいて、財布を持ち歩かなくてもありとあらゆる場所で買い物や各種支払いができるようになっているため、「日本人も小銭を持ち歩く面倒さから一度解放されると、中国のQRコードによる決済方法が癖になってしまうようだ」と論じた。

 さらに記事は、日本では「スマートフォンのデータ通信量に上限があることが一般的」と紹介する一方、中国では1日3元(約50円)でデータ通信量が無制限になるプランがあるなど、スマホそのものの単価が安いだけでなく、維持費も安いとし、こうした点も日本より中国のほうが利便性が高いと主張した。

確かに中国では無料のWi-Fiスポットも多く、日本よりスマホが使いやすい環境にあると言えるだろう。だが、その一方でスマホの使用マナーは決して良いとは言えず、電車やバスの中で大声で通話する人や、スマホのスピーカーから音楽を大音量で流す人もいる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)