客人として食事に招かれた際の、日本と中国のマナーはそれぞれ異なる。日本では供された食事を大量に残すことは、ホスト側に「口に合わなかったのではないか」と気を遣わせる可能性があるため、マナー違反と見なされることが一般的だ。

 逆に中国では、食事を完食してしまうことがマナー違反とされる。中国では完食するということは「食べ足りない」ことを意味してしまい、少々残すぐらいが「ホスト側のもてなしが十分で、満腹になるまで食べた」ということを示す態度となる。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、接待の食事から見た「日本と中国の違い」について考察する記事を掲載し、日中の宴席における食事文化は大きく異なっていることを指摘している。

 記事は日中の宴席における食事の写真を掲載している。中国の宴席の写真はもちろん中華料理、日本の写真は懐石料理のような日本料理だ。中国の場合は円卓に隙間がないほど大量の料理が並べられていて、各自が好きな料理を好きなだけ取って食べる形式となっている。一方、日本料理は好きなだけ取り分ける形式ではなく、各自に決まったメニューと量が最初から取り分けられている形式だと紹介した。

 記事によれば、客人を食事でもてなす場合、「中国では大皿の底が見えてはならない」という暗黙の了解があると伝え、料理がなくなって皿の底が見えるようでは「客人は食べ足りておらず、満足していない」ことを意味し、ホスト側にとっては「メンツが立たないこと」になると指摘した。

 故に中国人は客をもてなす時は円卓を埋め尽くすほど肉や魚、野菜などの料理を大量に注文するのだが、一方、日本ではホスト側が中国のように「料理が足りているか、足りていないか」という観点が問題になることはまずないとし、むしろ招かれた側が料理を残す方が問題になると紹介した。

日本人からすれば中国の宴席における食事文化は「浪費」につながってしまうのではないかと懸念してしまう。実際、中国でも「無駄」や「浪費」であるという指摘はあるようだが、古くから続いている文化であるためなかなか改善は難しいようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)