日本を訪れる中国人の多くが口にすることの1つとして「日本はあらゆる場所に秩序がある」というものがある。中国に秩序がないという訳ではないが、訪日中国人にとっては日本の秩序は大きな驚き以外の何物でもないという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本国内の「バス停」で撮影された写真を複数掲載し、「バス停で待つ日本人の姿から文明と秩序の存在が見て取れる」と論じる記事を掲載した。

 記事が掲載している写真は、鉄道の駅前にあるバス停で待つ日本人の姿だ。多くの日本人客が列に並んでいることから、利用客が多い路線であることが見て取れるが、記事は「日本人はバスを待っているときにも秩序正しく、自発的に列に並ぶ」と伝え、中国で見られるような「列への割り込み」は日本ではまず見られないと指摘した。

 続けて、バスを待っている最中も「読書をしたり、携帯電話を見たりする人はいても、大声で騒いだり、他人に干渉したりする人はいない」と紹介。どれだけ乗客が多くても、どれだけ天気が悪くても「バス停で見られる秩序が失われることはない」とし、我先に乗車して座席を取り合うような日本人もいないと論じた。

 日本人にとって記事が紹介した光景はごく当たり前の日常の風景だが、中国人にとっては驚きに値する光景のようだ。確かに中国では路上に秩序があるとは言い難く、車であれば無理な割り込みや急な進路変更、他人の迷惑を考えない駐車が「日常の風景」だ。バスや地下鉄でも乗客が列に割り込んでトラブルになったり、高齢者が若者に席をゆずるよう強制して喧嘩になったりすることも多い。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)liptoncnx/123RF)